EDとは「Erectile Dysfunction」の略になりますが、Erectile とは勃起という意味になり、Dysfunctionとは機能障害という意味があります。

この二つを合わせると、勃起不全という意味になりますが、この症状に悩んでいる男性は非常に多くなってきています。

信頼できる情報によると、成人男性の4人に1人がなんらかのEDに悩んでいるということです。

EDという言葉を聞くと、すぐに勃起が出来ない状態を想像されるかもしれません。

性交を行う場面になっても、まったく生殖器が機能しないというイメージです。

しかし、この症状は勃起できないということだけを表わしているわけではありません。

例えば、性交を行う前には勃起していたにもかかわらず、性交直前になって萎えてしまうというケースにもEDという言葉を使います。

その他にも、なかなか勃起しなくて性交に移ることができないこと、つまり勃起に正常な状態よりもかなり時間がかかるという場合にもEDということになります。

ですから、単純に「このような症状」というように定義付けることの難しい症状と言えるでしょう。

この症状は決して簡単な話ではありません。

夫がEDになってしまったために、妻との性交渉が出来ずに離婚に至るということもあるようです。

妻の方も夫を愛していますのである程度は我慢できますが、セックスレスの期間が続いてくるとどうしても身体的に満足することができないために、悩みトラブルの元になってしまうようです。

この症状は年配者だけに生じるわけではなく、様々な原因で若いうちに発症してしまうと、夫婦関係の性の問題はより大きくなるかもしれません。

EDの治療薬についての情報をご提供>>http://www.eastcl.com/curative/ed/chart.html